NYMEX WTI マーケット推移  2020

原油マーケット情報2020年9月(アーカイブ)

​オイル・リポート

2020/09/30 NYMEX WTI 反発 2020年11月限:40.22$/bbl ↑ + 0.93$/bbl 

 9月30日は反発。米エネルギー情報局(EIA)が発表した週間石油在庫統計で、原油在庫が前週比200万バレル減少し、市場予想の80万バレル増加に反して減少したことから、需給が持ち直しているとの観測から、買いが入った。また、ムニューシン米財務長官が30日に投資家向け会合で「(追加経済対策の)合意に向けて真剣に取り組んでおり、合意は可能だという希望を持っている」と述べたことを受けて、追加経済対策の早期成立への期待が浮上し、株式市場で主要株価指数が上昇したことも、同じリスク資産である原油の買いを誘った。

 2020/09/30 ICE BRENT  反落(期先は続伸) 2020年11月限:40.95$/bbl ↓− 0.08$/bbl(取引最終)

2020/09/29 NYMEX WTI 反落 2020年11月限:39.29$/bbl ↓ − 1.31$/bbl 

 9月29日は反落。米国のジョンズ・ホプキンス大学が集計した新型コロナウイルスの世界全体の死者数が累計100万人を超え、冬にかけて欧米で感染の勢いが増すとの懸念が強まり、欧州での飲食店の営業制限や外出制限の再強化も導入されたことを受けて、世界の景気回復には時間がかかり、エネルギー需要の回復も遅れるとの観測が強まって、原油の売りが高まった。原油相場は、翌日の米エネルギー情報局(EIA)の週間石油在庫統計で原油在庫が増えるとの観測も相場の重荷となり、一時は1バレル38.41ドルと期近物として約2週ぶりの安値を付けた。しかし、売り一巡後は、外国為替市場でドル安が進み、ドル建てで取引される原油先物相場を下支えした。

 2020/09/29 ICE BRENT  反落 2020年11月限:41.03$/bbl ↓ − 1.40$/bbl

 

2020/09/28 NYMEX WTI 反発 2020年11月限:40.60$/bbl ↑ + 0.35$/bbl 

 9月28日は反発。米民主党のペロシ下院議長が、トランプ政権と追加の経済対策の協議を継続していると語り「合意できると信じている」とコメントしたことから、トランプ政権の経済対策の成立で景気回復の勢いが高まり、エネルギー需要が増えるとの予想から原油に買いが入った。しかし、ロシアのノバク・エネルギー相が、新型コロナウイルス感染の再拡大で冬季に原油需要が低下する可能性があるとの見解を示したことが伝わったことが弱材料視されて、下押しした。

 2020/09/28 ICE BRENT  反発 2020年11月限:42.43$/bbl ↑ + 0.51$/bbl

 

2020/09/25 NYMEX WTI 反落 2020年11月限:40.25$/bbl ↓ − 0.06$/bbl 

 9月25日は小幅反落。8月の米耐久財受注額が前月比0.4%増と市場予想(1.5%増)に届かず、4ヵ月連続で増加したものの、伸びも7月から急激に鈍化したことや、追加の経済対策の成立が遅れたことを受けて、売りが入った。24日には米下院で民主党が2兆ドル超の新たな経済対策案の作成に入ると伝わったものの、与野党の早期合意が懸念され、米景気の下振れで原油需要が鈍化するとの見方が下押しした。米国の新型コロナウイルスの新規感染者数は20以上の州で拡大し、航空需要の低迷が長期化するとの見方も原油の売りを誘った。しかし、引けにかけて米主要株価指数が上がったことを受けた買いが入り、下げ幅が縮小した。

 2020/09/25 ICE BRENT  反落 2020年11月限:41.92$/bbl ↓ − 0.02$/bbl

2020/09/24 NYMEX WTI 続伸 2020年11月限:40.31$/bbl ↑ + 0.38$/bbl 

 9月24日は続伸。前日の米エネルギー情報局(EIA)発表の在庫統計で、原油が前週比減少したこと、米国内の原油の生産量も減り、需給の悪化懸念がやや和らぎ、24日も在庫統計を手掛かりとした買いが入り、米株式相場が上げに転じて、リスク資産とされる原油も買われた。しかし、週間の米新規失業保険申請件数が市場予想よりも多く、米雇用回復の鈍化懸念を誘い、先行きの需要を巡る不透明感は相場の重荷となった。

 2020/09/24 ICE BRENT  続伸 2020年11月限:41.94$/bbl ↑ + 0.17$/bbl

2020/09/23 NYMEX WTI 続伸 2020年11月限:39.93$/bbl ↑ + 0.13$/bbl 

 9月23日は小幅続伸。米エネルギー情報局(EIA)が23日発表した週間の石油在庫統計で、原油在庫が前週比で減少したこと、ガソリンや軽油の在庫も前週比減少となり、米国で需給調整が進んでいるとの見方が広がって、買われた。医薬・日用品のジョンソン・エンド・ジョンソンが新型コロナウイルスのワクチンの最終段階の臨床試験を開始したと23日に発表し、経済活動が再興するとの思惑から原油需要増に繋がるとの見方も、原油の買いに繋がった。しかし、外国為替市場でドル高が進み、ドル建てで取引される原油先物の割高感、株式市場で主要株価指数が下げ幅を広げたことが下押し、上げ幅が縮小した。

 2020/09/23 ICE BRENT  続伸  2020年11月限:41.77$/bbl ↑ + 0.05$/bbl

 

2020/09/22 NYMEX WTI 反発 2020年10月限:39.60$/bbl ↑ + 0.29$/bbl 

 9月22日は反発。欧州でコロナ感染が再拡大し、英国やフランス、スペインなどで飲食店の営業規制などが強化されたが、欧州の規制強化は春ほどは厳しくなく、景気は大きくは落ち込まないとの見方から、株式市場が総じて落ち着いた値動きとなったことを受けて、原油の買い戻しが入った。翌日発表の米エネルギー情報局(EIA)の石油在庫統計を控え、ハリケーンのシーズンが終わりに近づき、原油の在庫や生産状況をしっかりと把握したい積極的な取引を見送るムードも強く、上値は重かった。

 2020/09/22 ICE BRENT  反発 2020年11月限:41.72$/bbl ↑ + 0.28$/bbl

 

2020/09/21 NYMEX WTI 反落 2020年10月限:39.31$/bbl ↓ −1.80$/bbl 

 2020/09/21 NYMEX WTI  2020年10月限:39.31$/bbl ↓ − 1.80$/bbl   

 9月21日は大幅反落。英国やEUなどでコロナの感染が再拡大しており、経済活動の停滞が続くとの見方で株式相場が大幅下落し、米株式市場ではダウ工業株30種平均が900ドルあまり下げる場面があったことにつられて売りが入った。その後、投資家がリスク資産を手じまったことから売りが高まり、加えて、武装勢力による弾圧で停止していたリビアの石油施設で生産が再開したと伝わり、生産や輸出拡大につながり、需給が緩和するとの観測も相場の重荷となった。

 2020/09/21 ICE BRENT  反落 2020年11月限:41.44$/bbl ↓ − 1.71$/bbl

 

2020/09/18 NYMEX WTI 続伸 2020年10月限:41.11$/bbl ↑ + 0.14$/bbl 

 9月18日は小幅続伸。OPECプラスの17日の合同閣僚監視委員会(JMMC)で、追加減産の必要性が高まって、協調減産の臨時会合が開催される可能性があることから、買いが入った。ハリケーン「サリー」が襲来したメキシコ湾岸の石油施設の操業が再開したことは材料視されなかった。しかし、リビアの武装勢力のトップが条件付きで石油施設への供給制限を解除する姿勢を示したと報じられ、リビアからの輸出が再開すれば、原油需給が緩むとの見方が下押しし、小幅な上げで引けた。

 2020/09/18 ICE BRENT  反落 2020年11月限:43.15$/bbl ↓ − 0.15$/bbl

2020/09/17 NYMEX WTI 続伸 2020年10月限:40.97$/bbl ↑ +0.81$/bbl 

 9月17日は続伸。石油輸出国機構(OPEC)とロシアなど主要産油国の「OPECプラス」は、9月17日に合同閣僚監視委員会(JMMC)を開催し、各国の減産状況が協議され、目標を達成していないイラクやナイジェリアなどに一段の減産枠が設けられ、年内の完全順守を目指すことを改めて強調したことで買いが入った。加えて、OPECプラスの関係閣僚が10月にOPECプラスによる協調減産の臨時会合が開催されると示唆し、買いが高まった。OPECプラスは、北半球の秋冬でコロナ感染が再拡大すればエネルギー需要が減ると警戒し、減産規模や期間について協議する模様。

 また、ハリケーン「サリー」が襲来したメキシコ湾岸の石油施設の操業再開が想定より進まず、供給減を見込む買いも入った。

 2020/09/17 ICE BRENT  続伸 2020年11月限:43.30$/bbl ↑ + 1.08$/bbl

2020/09/16 NYMEX WTI 続伸 2020年10月限:40.16$/bbl ↑ + 1.88$/bbl 

 9月16日は大幅続伸。サリーは16日朝に米メキシコ湾岸のアラバマ州に上陸したことで、メキシコ湾の石油施設が稼働を停止し、一時的に供給が細るとの見方が買いを誘った。加えて、16日のEIAの週間石油在庫統計で原油在庫が市場予想以上に減り、約5カ月ぶりの水準に低下したことから、国内における需給が改善しているとの見方が拡がり、買いが高まった。

 米連邦準備理事会(FRB)が16日の米連邦公開市場委員会(FOMC)でフォワードガイダンス(政策指針)を変更してゼロ金利政策を長期化する姿勢を示し、ダウ工業株30種平均が上げ幅を拡大する場面があるなど、投資家が運用リスクを取りやすくなったことで原油が引けにかけて、一段高となった。

 2020/09/16 ICE BRENT  続伸 2020年11月限:42.22$/bbl ↑ + 1.69$/bbl

2020/09/15 NYMEX WTI 反発 2020年10月限:38.28$/bbl ↑ +1.02$/bbl 

 9月15日は反発。石油施設が集中しているメキシコ湾岸にハリケーン「サリー」が接近し、石油施設や主要輸出港はすでに閉鎖されたと伝わり、供給懸念が強まったことで買われた。また、8月の中国の小売売上高は前年同月比0.5%増え、2020年初めてプラスに転じたこと、9月のニューヨーク連銀製造業景況指数も17.0と前月(3.7)から大幅に上昇し、市場予想も上回ったことから、緩やかながらも世界景気の回復が続き、原油需要を支えるとの見方が強まったことも、買いを促した。

 2020/09/15 ICE BRENT  反発 2020年11月限:40.53$/bbl ↑ + 0.92$/bbl

2020/09/14 NYMEX WTI 反落 2020年10月限:37.26$/bbl ↓ − 0.07$/bbl 

 9月14日は小幅反落。14日に発表したOPEC月報で2020年の石油需要見通しを引き下げ、前年比の減少幅が大きくなると予想し、コロナによる需要減退の持ち直しの遅れが2021年前半も一部地域で続くとの見方を示したこと、リビアで武装勢力の襲撃で停止していた石油施設からの供給が再開する見通しと伝わったことが弱材料となって、売りが入った。しかし、ハリケーン「サリー」の接近で、米メキシコ湾岸にある多くの石油施設が操業を休止していると伝わって、供給懸念が浮上した買いが入り、下げ幅が縮小した。

 2020/09/14 ICE BRENT  続落 2020年11月限:39.61$/bbl ↓ − 0.22$/bbl

2020/09/11 NYMEX WTI 反発 2020年10月限:37.33$/bbl ↑ + 0.03$/bbl 

 9月11日は小幅反発。週初に一時3カ月ぶりの安値を付けるなど一週間の相場は節目の40ドル台を下回って推移し、持ち高調整や値ごろ感で買いが入った。石油会社ベーカー・ヒューズが11日に公表した米原油生産に使う掘削設備(リグ)の稼働数は小幅ながら減ったことが材料視され、減少基調を維持していると受け止められて、相場を下支えた。WTIの11日の期先は小幅反落。

 2020/09/11 ICE BRENT  続落 2020年11月限:39.83$/bbl ↓ − 0.23$/bbl

2020/09/10 NYMEX WTI 反落 2020年10月限:37.30$/bbl ↓ − 0.75$/bbl 

 9月10日は反落。米エネルギー情報局(EIA)が10日に発表した在庫統計で原油が市場予想に反して7週ぶりに増加したこと、WTIの現物受け渡し拠点であるオクラホマ州クッシングの原油在庫や米国内の生産量も増えたことから、供給過剰感が拡がって、売られた。また、朝方発表の週間の米新規失業保険申請件数は5日までの週に88万4000件と前週横ばいであったものの、市場予想(85万件)よりも多かったことから、米経済回復が遅れれば、エネルギー需要の低迷が長引くとの見方を強めたことも、売りに繋がった。

 2020/09/10 ICE BRENT  反落 2020年11月限:40.06$/bbl ↓ − 0.73$/bbl

2020/09/09 NYMEX WTI 反発 2020年10月限:38.05$/bbl ↑ + 1.29$/bbl 

 9月9日は5営業日ぶりの反発。株式市場で前日まで売られていた主力ハイテク株が反発し、ダウ工業株30種平均が一時700ドルあまり上昇したことから、株式相場の大幅反発が原油先物の買いにつながった。加えて、米エネルギー情報局(EIA)が9日発表した9月「短期エネルギー見通し」で、2020年の世界の原油需要予測を引き上げたことと、WTIの価格見通しも38.99$/bblと8月予想から1.3%引き上げたことから、買いが高まった。

 2020/09/09 ICE BRENT  反発 2020年11月限:40.79$/bbl ↑ +1.01$/bbl

2020/09/08 NYMEX WTI 4営業日続落 2020年10月限:36.76$/bbl ↓ − 3.01$/bbl 

 9月8日は大幅続落。一時は36.13ドルと期近として6月中旬以来ほぼ3カ月ぶりの安値を付けた。米国で夏のドライブシーズンが終わり、コロナ禍で旅客需要の低迷は2021年にかけて続くと予想され、燃料需要の落ち込みが続くとの観測から売りが膨らんだ。また、米政府による追加経済対策の与野党協議は再開しておらず、米景気の回復が遅れてエネルギー需要も停滞するとの懸念が高まったことに加え、サウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコが5日にアジアと米国向けの販売価格を引き下げ、先行きの需要減を見込む売りを誘った。  

 2020/09/08 ICE BRENT  4営業日続落 2020年11月限:39.78$/bbl ↓ −2.88$/bbl

2020/09/07 NYMEX WTI (休場)

 9月7日のNYMEXは、Labor Day(労働感謝の日)で休場。

 WTIの時間外では、39ドル台前半の推移。

 アジア市場は、指標となる中東産ドバイ原油のスポット価格は7日午後、下落した。取引の中心となる11月渡しは1バレル41.60ドル前後と前週末に比べ1.50ドル安い水準で推移した。

  2020/09/07 ICE BRENT  休場 

2020/09/04 NYMEX WTI 続落 2020年10月限:39.77$/bbl ↓ − 1.60$/bbl 

 9月4日は大幅続落。一時は39.35ドルと、期近物として7月30日以来ほぼ1カ月ぶりの安値を付けた。米エネルギー情報局(EIA)が9月2日に発表した8月30日時点の週間の石油在庫統計で、原油を精製して作るヒーティングオイルなど留出油の在庫が例年より多く、暖房向けの需要が増えても留出油の在庫減少は限られ、原油の精製需要が停滞するとの見方が広がり、原油の需給が緩んだ状態が続くとの思惑で売られた。米株式市場でダウ工業株30種平均が一時600ドル超下げ、連日の急落で投資家のリスク回避姿勢が強まったことも、高リスク資産とされる原油の売りを誘った。

  2020/09/04 ICE BRENT  続落 2020年11月限:42.66$/bbl ↓ −1.41$/bbl

2020/09/03 NYMEX WTI 続落 2020年10月限:41.37$/bbl ↓ − 0.14$/bbl 

 9月3日は続落。米エネルギー情報局(EIA)が2日発表した8月30日時点の米国内のガソリン需要が前週比4%減少し、ドライブシーズンである夏場のガソリン需要が伸びなかったとの見方があること、3日に発表した米サプライマネジメント協会(ISM)の8月の非製造業景況感指数は4カ月ぶりに下がり、サービス業の石油需要が減少したとの観測から、売りが高まった。しかし、イラクがOPECプラスによる協調減産の枠組みを順守すると報じられたことでの需給改善の見方が強材料となって、下支えた。

  2020/09/03 ICE BRENT  続落 2020年11月限:44.07$/bbl ↓ −0.36$/bbl

 

2020/09/02 NYMEX WTI 反落 2020年10月限:41.51$/bbl ↓ − 1.25$/bbl 

 9月2日は反落。米連邦準備理事会(FRB)による緩和的な金融政策が長期化するとの見方から下落基調にあったドルが対主要通貨で上昇し、原油先物の売りに繋がった。同日、米エネルギー情報局(EIA)の週間の米石油在庫統計で原油在庫が市場予想以上に減ったものの、ハリケーン「ローラ」の接近を受けた石油施設の操業休止の影響が出たと受け止められ、操業や輸入の再開の動きが進むにつれて今後は需給が一気に緩む可能性が意識されたことも売りを高めた。

  2020/09/02 ICE BRENT  反落 2020年11月限:44.43$/bbl ↓ −1.15$/bbl

 

2020/09/01 NYMEX WTI 反発 2020年10月限:42.76$/bbl ↑ + 0.15$/bbl 

 9月1日は4営業日ぶりの反発。米サプライマネジメント協会(ISM)の製造業景況感指数が4カ月連続で上昇したこと、世界景気の回復が持続しており、原油需要の持ち直しにつながるとの見方から買いを誘った。米株式市場でダウ工業株30種平均などの主要指数が上昇し、投資家が運用リスクを取りやすくなったこともリスク資産である原油相場を支えた。しかし、外国為替市場で前場に対ユーロで一時約2年4カ月ぶりの安値を付けたドルが、後場に上げに転じ、ドル建てで取引される原油先物の割安感が後退して、上げ幅が縮小した。

  2020/09/01 ICE BRENT  反発 2020年11月限:45.58$/bbl ↑ +0.30$/bbl

INFO:米国の東部時間09/23 14:30(日本時間09/30 23:30)EIA米国原油輸入量の変化 (EIA United States Crude Oil Imports Change)・EIA米国クッシングの原油備蓄量の変化 (EIA United States Cushing Crude Oil Stocks Change)の発表。

EIA米国原油輸入量の変化 (EIA United States Crude Oil Stocks Change)

EIA米国クッシング原油備蓄量の変化 (EIA United States Cushing Crude Oil Stocks Change)

©2019 by Oil Report,Inc. All Rights Reserved

  • Facebookの社会的なアイコン
  • さえずり